Bye Bye Beauty Life

アクセスカウンタ

zoom RSS 孤独

<<   作成日時 : 2010/02/15 20:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

子供の頃から思っていた。
街に住んでいるとたくさんの人に出会う。
しかし普通の人たちは、一生で真に気持ちが通い合う人が、一体何人居るのだろうか?
彼のアドレス帳にはたくさんの同志の名前と電話番号が書いてある。
50人だろうか?
100人は居るのだろうか?
彼女にはアイツが居る。
アイツには彼女が居る。
だが、自分は違う。
自分にはきっと一生、誰一人として現れないだろう。
何故なら、自分と気の合うヤツなんてそうそう居ないのだから。
孤独な人間と真に気持ちが通うはずが無い。
でも何故だろう?
彼が風邪で倒れた時に鳥肌が立ったのは。
それは、目的が一致した初めての仲間だったからだろうか?
それとも、自分の気持ちを理解してくれているとただ錯覚しているだけだからだろうか?
そう思い込みたいだけなのではないだろうか?
彼は自分が作り出した虚像なのではないだろうか?
心の拠り所にしているだけではないのだろうか?


時々考えることが醜い。
人間が信じられない。
時に、自分の周りの人間が敵のように感じる。
全て自分に対して、偽りの心情を抱いているように思える。
そう思えて怖い。
実は皆、嫌々ながらも付き合ってくれているだけなのではないだろうか?
こんな何も無い自分に、どうしてこんなにも良くしてくれるのか?
こう考える自分が醜く、大嫌いになる。



最近は酷くなってきた。
一日に一度は考えてしまう。
自分の何処がいいのか?
いつ自分は裏切られるのか?
それを考えては、また他人を信用できなくなり自己嫌悪に陥る。
嫌気が差すときもある。
自分だって考えたくない。
だが、どこかに捨てきれない何かがある。
それを穿り出しては、自分を痛めつける。
傷つきたく無いだけなのだろうか?
傷つけたく無いだけなのだろうか?
分からない。
分からないけど、探したくない。
探せやしない。
いつしか疲れ果てて、自己を失ったとき改めて気づくのかもしれない。
自分がいかに大切にされているかを。
だが、そんなことさえ今は考えられない。
いつか答えが見つかると分かっていても、この行為が止められない。
分かっている。
説明は出来ない何かが、自分の中で働きかけているように。

自分は、誰かに操られているのだ。

思ったときにはもう死んでいるのかも知れない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
孤独 Bye Bye Beauty Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる